破産宣告がなされた場合に、どういう種類の不利益があるのかは、自己破産申立を検討してみた人達にとって疑いなく1番得たい説明でしょう。続けて破産宣告者にもたらされるハンデについて内容を並べ書きにしておきましょう。・破産者一覧に書かれます。※公の身分証明を出すための文献だから担当者以外はコピーすることができないですし免責の認可が与えられれば取り消されます。・官報上に掲載される。※通常の新聞とは別で本屋では販売されていませんしほとんどの人達には縁のないものであると言えます。・公法における資格の制限。※破産宣告者になったなら法律専門家、代書人、税理士などといった資格保持者は失格になるから作業が許されなくなります。・私法上におけるライセンス制限。※自己破産認定者は成年後見役、連帯保証役、遺言執行人をやることが無理になります。その他、合名形式の会社、合資で作った会社のサラリーマンならびに株式会社、有限の会社の取締役の人、監査担当者の場合は退任事由になってしまいます。・クレジット用カードを使うことが不可能になります。加えて、破産管財人ケースのとき以下の限定も存在します。・破産者の資産を独断で所有、廃棄することが認められません。・破産管財係や貸主集会の要請があると適当な回答をする義務があります。・裁判所の認定がなければ住所の移動や長めの旅をしてはいけません。・法が必要だと許す際には身柄を確保されるケースがありえます。・送付物は破産管財者に配達されることになり、破産管財を行う者は転送された送付物を開けてもよいことになっています。今まで述べた以外の自己破産人の損失の、一般に誤解を受けている項目を箇条書きにしておきました。1戸籍データそして住民票上には入力されません。2組織は自己破産したことを理由にクビにすることは許されません。※破産者が言わないかぎり企業に伝わることはないです。3選挙の権利や選挙権限などの公民権は認められます。4保証役になっていないなら家族には返済理由はありません。5必要最低限の生存に必須な家財一式(ノートPC、テレビを含め)衣類などは差し押さえされません。破産者の損失を列挙しました。破産申請をする場合は返済責任はチャラになりますが今まで挙げたような損失も存在します。自己破産を行う上でアドバンテージも損失真剣に考慮した方がよいと思います。